栄養

【8種類もあるビタミンE】、その解説をします。

ビタミンEはあまり馴染みがなく、よく知らない人も多いのではないでしょうか。

ビタミンEはもともと不妊を防ぐための栄養素として発見されたもので、脂溶性のビタミンの一種とされております。

 

ビタミンE の効果

・老化などを防止する抗酸化作用
・動脈硬化などを改善する血行改善作用
・運動能力の向上
・ホルモン活性化作用

などが挙げられます。

多く含む食品としては、ナッツ類小麦胚芽緑色野菜など。

欠乏すると、疲れやすくなったり、生殖機能の障害や神経筋肉の損傷、流産しやすくなるなどがあります。

脂溶性ビタミンということもあり、過剰症を気にする方もいますが、弊害はほとんど認められていないので、サプリメントを変に飲みまくったりしなければ問題ありません。

食事+サプリメントから摂取していきましょう。

 

摂取するにあたって

ビタミンEの記事

ビタミンEの種類について知っておきたいところです。

ビタミンEは、「トコフェロール」と「トコトリエノール」という名前があり、それぞれ「α、β、γ、δ」とあり、合計8種類に分けられます。

また、ビタミンEを合成するとD体とL体というものが混ざったDL型ができるのですが、人体で使えるのは天然のD型であり、DL型は使えません。

そこで、天然のαトコフェロールのことを「D-aトコフェロール」といいます。サプリメントでは、ビタミンEはほとんどD-aトコフェロールとなっています。

しかし、γトコフェロールの効果として前立腺癌のリスク減少、炎症の抑制、癌や心臓血管疾患への効果などが発見されています。

そのため、摂取する際はD-aトコフェロールのみではなく、4種類のトコフェロールが含んでいる「ミックストコフェロール」のものを摂取することをお勧めします。

摂取量は一日400~800IU程度。

さらに老化防止で「抗酸化作用」を目的に摂取する場合は、トコトリエノールが強いとされており、なんとトコフェロールの50倍といわれています。トコトリエノールのサプリメントには、米ぬか油由来とパーム油由来というものがあるのですが、米ぬか油由来のものはδトコトリエノールが含まれないので、パーム由来のものを良いでしょう。

「アスタキサンチン」という抗酸化物質と併用することでさらにパワーアップしますので、抗酸化力を高める場合は、両方とることをお勧めします。

パーム油由来のトコトリエノールとして、「Tocomin SupraBio®」で50~100㎎程度がおすすめです。

ビタミンEを摂取している、しようと思っている方は参考にしてみてください。

記事の監修者 吉田直輔

YOSHIDA GYM
YOSHIDA GYM代表
新宿のパーソナルトレーニングジムYOSHIDAGYM代表。より多くの方をフィットネスで健康に導くべく活動しています。

・全国トレーナーオブザイヤー2010MVP
・総合格闘技パンクラス2007トーナメントMVP
・レスリング全日本選手権4位
・第一回東京メンズフィジーク2位

【YOSHIDA GYM(ヨシダジム)】
■新宿南口店
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2丁目16-15
オークビル102
■新宿三丁目店
〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目11-6
エクレ新宿402

関連記事

Archive