ボディメイク

【老化の原因】【糖化(とうか)】、身体が焦げるとは

糖化

皆さん「糖化」をご存じでしょうか?

糖化とは
身近なものでいうと、卵やお肉など
焼き過ぎた時の焦げです。その焦げ糖化反応といいます。料理などではメイラード反応と言われます。 

そのような焦げは、身体の中でも起きてしまいます。 

身体の中で糖化起きるとたんぱく質と余分な糖が結び付いて、AGEs(糖化最終生成物)というものを生成します。糖化はこのAGEsが問題なのです。 

AEGsと
老化物質ともいわれ肌の弾力を失いたるみやくすみ、シワの原因など皮膚への老化につながります。また、血管へ影響すれば動脈硬化や糖尿病など様々な病気をもたらしてしまいます。 

さらには、活性酸素を除去する酵素も糖化し、糖化される過程でもさらに活性酸素が発生してしまいます。

つまり、糖化すると老化や病気を促進してしまうということです。 

 

なぜ糖化が起きてしまうのか

糖化の記事

糖化反応は、血糖値の急激な上昇の繰り返しや慢性的な高血糖状態で引き起ります。 

これは毎日一日一食や糖質ばかりに偏った食生活ストレスや運動不足などの問題が挙げられます。糖尿病の方は血糖値が高い状態が長く続くので、糖化によって合併症などが起きてしまいます。 

つまり生活の中で血糖値を急に上げない、高くなるような状況を作らないことが大切になってきます。

生きている上で、糖化をまったく起こさないことはできません。だからこそ、気を使った食事や運動の習慣化が大切になってきます。 

自分はまだ大丈夫。」ではなく将来のために考えてみてはどうでしょうか。 

関連記事

Archive